地域に密着している地方銀行について

全国各地には、数多くの銀行がありますが、その中で全国各地で事業展開しているところもあれば、地域のみの銀行もあります。 全国展開しているものを都市銀行、地域のみのものを地方銀行と呼びます。 利用者は口座開設をする時、どちらを選ぶべきなのか良く考えて選ぶようにしましょう。 地方銀行は地域密着型の銀行です。 特定の地域の人しか利用できないという事ではなく、他の地域に住んでいる人でも利用が可能です。 利点としては、管轄地域であればATMが多数あるという事です。 その地域だけをピックアップして見てみると、都市銀行よりもATM数が多い事も少なくありません。 また住宅ローン等の取り扱いに関しても、金利関連のキャンペーンを行っている事が多くあります。 その為、出来るだけお得にお金を借りたいという人にとって、地方銀行を利用する事は大きなメリットがあると言えます。 従って、地方で過ごす時間が長い人や生活をしている人にとっては、地方銀行で口座を開設しておくのがお得と言えるでしょう。 またお金に関する悩みも、親身に相談にのってくれます。 ただ、地域密着型という事で、全国区でみると支点やATMがない地域も多数あります。 その為、引っ越しをする時は引っ越し先で事業を展開している銀行で口座を開設し直さなければいけないという点もあります。 今住んでいる場所を離れる予定があるのか、将来的にどこで過ごすのかによって、地方銀行を選ぶメリットが変わります。