貸金業の成り立ちと担保の深い関係

貸金業は、お金というものが誕生するのとほぼ同時期に誕生したと言われています。 この事は、貨幣が誕生した時には既に貧富の差が出来ていた事を物語っています。 貸金が誕生した当時、お金を借りる時には利息を支払う事を義務づける借用書の発行を受ける必要がありました。 古くは古代バビロニア時代の粘土板に、借用書と目される内容が刻まれています。 一方、鎌倉時代の日本では、物品を預かる事によってお金を貸し出す土倉という商いが確立されています。 このシステムを現在に引き継いでいるのが質屋です。 質屋では、預ける生活用品や宝飾品などの価値に応じて貸し出す金額が決定されます。 債務者がお金を返せなくなった時には、預けている物品が肩代わりに貸し主の所有物になってしまうのです。 この、質屋に預ける物品は担保と呼ばれ、お金を借りる時に「必ず返済する」という事を貸し主に示す為に差し出されるものとなります。 さて、日本では戦後になると、サラリーマンと呼ばれる職業が持て囃される様になりました。 当時のサラリーマンは終身雇用が一般的でした。 サラリーマンが、その身分を担保にしてお金を借りることが出来るシステムが、サラリーマン金融です。 現在サラリーマン金融は消費者金融として、より消費者に便利な貸金システムとなっています。 こうして貸金の歴史を見ると、貸金と担保は常にセットになっている事がわかります。 現代のキャッシングサービスにおいても、収入を証明する事が必要になっています。 貸金がビジネスとして成り立つ為には、こうしたシステムが必要だったのです。